スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

神話 スサノオノミコト

2010/07/12 13:30

                           こんにちは。

         昨日の名前の由来・・・自衛艦の名称に

           古くは「神話」からもってことで

             本日は「神話」ネタ(笑)


           少し前にご紹介した「夏越の祓(なごしのはらえ)」

■昔、素盞鳴尊(すさのおのみこと)が旅の途中で、蘇民将来(そみんしょうらい)巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求められました。弟の巨旦将来は、豊かな生活をしていたのにそれを断りました。しかし、兄の蘇民将来は貧しい暮らしをしていましたが、素盞鳴尊をお泊めして、厚いもてなしをしました。

その後何年かたって素盞鳴尊は再び蘇民将来の家を訪れて、「もし悪い病気が流行することがあったら、茅で輪を作って、腰につけていれば病気にかからないですむでしょう」 とお教えになりました。

■これから、「蘇民将来」と書いた紙を門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました。茅の輪も、最初は人々が腰につけるほどの小さなものでしたが、時代がたつにつれて大きくなり、これをくぐって罪やけがれを取り除くようになりました。って奴ですね(笑)

そこで・・・


スサノオノミコト とは どの様な方だったのでしょうか?

imamukashi3.jpg

神話・古事記などには詳しく書かれてますが・・・

難しいので(笑) 一部フィクションを交えて・・・



須佐之男命(スサノオノミコト)は古代の暴れん坊神様です。

でも意外や意外、彼はマザコンだったのです。

生まれる前に亡くなった母を恋しがって、ヒゲが生える頃になっても黄泉の国へ行きたいと泣きわめいてばかりいたらしいんですね。

父のイザナギから海原をおさめるように言われた役割も果たさず、青々とした山の草木は枯れ川や海もすっかり干上がってしまったそうです。困ったものです。

怒った父はスサノオを追い出して、近江の多賀に遁世してしまわれたのが滋賀県の多賀大社です。 父に追い出されたスサノオは、母の所に行く前にお姉さんがいる高天原にいとまごいに行きました。

その時の乱暴狼藉たるや、馬を殺しその皮を剥いで投げ捨てたのを見た機織娘が驚き死んでしまったのを見て、怒った天照大神は天の岩戸に閉じこもってしまったんですね。

天の岩戸の一件ですっかり天界において不評を買ったスサオノは、ヒゲを切られ爪を抜かれ追放されてしまいます。

そして降り立った所が出雲(現在の島根県)の国です。

彼が歩いて行くと大きな川があり、箸が流れてきた。

上流には家があるに違いないと思った彼は、さらに歩いて行き一軒の家を見つけて中をのぞいて見ると、一人の美
しい乙女を挟んで父親と母親らしき二人が泣いていた。

スサノオは我が名を名乗り、何故泣いてるのかと尋ねた。

その土地には八俣大蛇(ヤマタノオロチ)という大蛇がおり、これまで8人いた娘が毎年一人づつ食われもうすぐ末娘の8人目もいけにえとして差し出さなければならない今年ももうすぐ大蛇がやってくる頃だ

最期の娘までも食われるのかと思うとそれが悲しくて泣いていると言う

八俣大蛇とは、その身体に八つの頭と尾が生え、その長さは八つの谷と屋根をまたがり、全身に杉やひのきが生え苔むしておりその腹からは血が流れていたという オソロシヤ・オソロシヤ

ここまで聞けばサッサと逃げ出しそうなものですが、そこはさすが天界の暴れん坊

美しい娘を妻にもらうことを条件に大蛇を退治することに決めた

そして娘を櫛(クシ)に変え自分の頭に挿した

まず娘のいる家のまわりに垣根をめぐらし、八つの門を作った

それぞれの門には大きな酒樽を置き、中には強い酒をたっぷりと入れておいて大蛇があらわれるのを待った

しばらくたったある日のこと、黒雲におおわれ雷も鳴り地響きと共にあらわれた大蛇は、八つの首で門にある酒樽から酒を飲み始めた

中から様子をうかがっていたスサノオは、酔っ払って眠ってしまった大蛇の腹を切り裂き見事に退治してしまった

約束通り美しい娘、櫛名田比売神(クシナダヒメ)を妻にもらい出雲の地にとどまって幸せに暮らしましたとさ

めでたしめでたし

この時大蛇の尾から出てきたのが草薙の剣(クサナギノツルギ)で、スサノオはお姉さんの天照大神に「ゴメンネ」と献上しました。

スサノオが新婚の地に選んだのは出雲の須賀という所で、そこでかの有名な歌を詠んでます。

「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」

八重の雲が沸き立つ出雲の国に私の大切な妻の家を建てたんだ、まわりには八重にも垣根をめぐらせてね、大事な妻だからね (^▽^;)

この和歌が我が国で最初の和歌と言われています

また、スサノオの六代目に大国主命がいますよ


  そうです。 八俣大蛇を胎児した神様と言えば皆さん思い出しますよね。

           学校の授業も解り易く教えてくれたら・・・

         えへへは少しは賢くなっていたのに・・・(*^_^*)





本日も最後まで「ありがとう御座いました」少しでも「ほぉ~」って思えばポチっと下さいね。

ランキングに参加中 毎日ポチっとしてね。 
  ↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  ↓↓↓↓↓


コメント・ブックマーク・お気に入りも宜しく。

スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

役に立つ  | コメント : 22  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

松潤似のイケメンなら嫁になるけど
ブサイクだったら嫌だなあ


娘の意見はどうだったのかしら?



ぽちん☆

| 2010/07/12 |  14:35 | きよっぺ #- |  URL | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/07/12 |  16:55 |  # |   | 編集 |

No title

こんにちは。
非常に分かりやすくそういった話に疎い私でもよく分かりました。
そんなお話だったんですねー。
ありがとうございます。
ポチっ。

| 2010/07/12 |  18:18 | モフぞう #- |  URL | 編集 |

No title

初めましてです。
LandMと申します。
場末でファンタジー小説を書いてるものです。

非常に勉強になりますね。
分かりやすい解説ありがとうございます。
スサノオノミコトの結構なエピソードがあるのですね。ヤマタノオロチを倒すことしか聞いたことがなかったので、非常に勉強になりました。

| 2010/07/12 |  18:42 | LandM #- |  URL | 編集 |

山田の「おろち」

今日は神話ネタですね!
毎回ここに来るのが楽しみになりました。

八岐大蛇とは「蛇」であること、また人身御供にされる姫の名前が「稲」であることなどから、八岐大蛇は毎年氾濫する川で治水工事を行って稲を守ったという説もあります。

他に山田の「おろち」という盗賊(先住民)であるという説。
・・・・ここにも山田?。(爆笑)

山田恐るべし・・・

ポチです!





| 2010/07/12 |  18:56 | inri1225 #yrDH66uE |  URL | 編集 |

こんにちはv

おお、神話。古事記は最初だけ読んだことあります。

PS2のゲームの「大神」ではスサノオがクシナダを守って活躍しますよ(笑) 大神はおススメゲームですv 


拍手v

| 2010/07/12 |  22:24 | 猫目 #- |  URL | 編集 |

No title

スサノオノミコト がマザコンだったとは・・
名前がぼんやり聞いたことがある程度しか
わからなかったけれど
改めて 知ると 神話って面白いですね
   ポチ

| 2010/07/12 |  22:40 | ののさん #5AGSUf/Y |  URL | 編集 |

こんばんは

八岐大蛇・・・、小学校の時、学習発表会で劇をしたことを
思い出しました。
「やまたーのおろちー」と歌いながら舞台で踊った記憶だけあります。

| 2010/07/13 |  00:11 | mikimiky #- |  URL | 編集 |

スサノオ

スサノオは理屈ぬきにカッコイイですよね!
やんちゃが過ぎて姉のアマテラスには嫌われてしまったけど、わたしたち人間にははかりしれない恩恵を与えてくれました。ムナカタの三女神伝説にも彼は登場し(ウケヒ)生みだしの神の一旦を担われています。6年ほど前だったか、TOKIOの松岡クンがスサノオを舞台で演じましたが、それはカッコよかったです!

PS。えへへさんは既にじゅうぶん賢いですよー
それ以上賢くなっちゃったら本当に宇宙人になってしまいますよ(爆)!

| 2010/07/13 |  00:44 | 美雨 #- |  URL | 編集 |

きよっぺさん

> 松潤似のイケメンなら嫁になるけど
> ブサイクだったら嫌だなあ
>
>
> 娘の意見はどうだったのかしら?
>
>
>
> ぽちん☆

あはは・・・きよっぺさん

イケメンで選ぶと後で大変ですよ(笑)

健康で優しく真面目が一番ですって (^_^)v

| 2010/07/13 |  15:11 | えへへ #- |  URL | 編集 |

ちあ さん

> こんにちはえへへ様
>
> リンクを乗せて頂きどうもありがとうございました。
>
> さてさて色々とご説明できるのですが、
> ブログのコメント欄では難しいです。
>
> えへへさまのメールアドレスをお知らせ下さいね。
>
> メールアドレスを知らせて、変な請求が来たりとかご心配かも知れませんので、下のようなみんなが一般に使っているフリーメール(無料のメールサービスです)をご利用下さい。
>
> Yahoo(ヤフー)メールとか、Google(グーグル)メールとかが、大手で扱いやすいです。フリー(無料)でも身元を伏せておけるので何の心配もないし、登録の時にもやはり、名前すら伏せておけるので心配入りません。
>
> 他の方と重複してなければ、
> じぶんのお好きは名前でフリーメールを仕えます。
>
> たとえば「ehehe@gmail.com」とかです
>
>
> まずはメールをご用意下さい。
>
>
> この狭いコメント欄で、バナーの張り方とかを説明すると、
> とても読む方が大変ですし、文も分かりずらく、
> 図も入れられませんから。
>
> それでは失礼します。
>
> P.S.
> わたしの方のブログランキングは、
> ぶろぐ村のものを作り替えました。
>
> わたしのブログの左のほうをずーっと下げて見て行くと、
> 剣を持った紫のタンクトップの女性イラストがあります。
> これにカーソルを合わせてクリックするだけで、
> ぶろぐ村のランキングに加算されます。
>
> これもえへへさんにお教えしたい、バナーとリンクの応用です。
>
>
> それでは失礼します
> See Ya! くるくるちあ (ё_ё)/~~


ちあ さん  あはは・・・ありがとう御座います。

また勉強致しますので・・・

お時間の有る時に宜しくお願い致しますね

| 2010/07/13 |  15:13 | えへへ #- |  URL | 編集 |

モフぞうさん

> こんにちは。
> 非常に分かりやすくそういった話に疎い私でもよく分かりました。
> そんなお話だったんですねー。
> ありがとうございます。
> ポチっ。

あはは・・・モフぞうさん

そうなんです 砕いて話すれば解りやすいですよね

池上さん 目指します(笑)

| 2010/07/13 |  15:15 | えへへ #- |  URL | 編集 |

LandMさん

> 初めましてです。
> LandMと申します。
> 場末でファンタジー小説を書いてるものです。
>
> 非常に勉強になりますね。
> 分かりやすい解説ありがとうございます。
> スサノオノミコトの結構なエピソードがあるのですね。ヤマタノオロチを倒すことしか聞いたことがなかったので、非常に勉強になりました。

初めまして LandMさん

私も同じですよ(笑)

難しく書きますものね皆さん方

賢い方はレベルあわすことしないですから・・・

また来て下さいね

| 2010/07/13 |  15:17 | えへへ #- |  URL | 編集 |

inri1225 さん

> 今日は神話ネタですね!
> 毎回ここに来るのが楽しみになりました。
>
> 八岐大蛇とは「蛇」であること、また人身御供にされる姫の名前が「稲」であることなどから、八岐大蛇は毎年氾濫する川で治水工事を行って稲を守ったという説もあります。
>
> 他に山田の「おろち」という盗賊(先住民)であるという説。
> ・・・・ここにも山田?。(爆笑)
>
> 山田恐るべし・・・
>
> ポチです!


あはは・・・さすが inri1225 さん

良くご存知で (^_^)v

神話とはそんなお話な様ですね

何時もありがとう御座います。

末永く宜しくお願い致します。

| 2010/07/13 |  15:19 | えへへ #- |  URL | 編集 |

猫目さん

> おお、神話。古事記は最初だけ読んだことあります。
>
> PS2のゲームの「大神」ではスサノオがクシナダを守って活躍しますよ(笑) 大神はおススメゲームですv 
>
>
> 拍手v

あはは・・・猫目さん

な な なんと ゲームに有るのですか?

ゲーム類は全く解らないので・・・恐るべしゲーム(笑)

猫目さんが元気なコメントして頂けると 嬉しいです (笑)

| 2010/07/13 |  15:21 | えへへ #- |  URL | 編集 |

ののさん さん

> スサノオノミコト がマザコンだったとは・・
> 名前がぼんやり聞いたことがある程度しか
> わからなかったけれど
> 改めて 知ると 神話って面白いですね
>    ポチ

ののさん さん

あはは・・・結構 面白いのですが・・・

皆さん学が有るので難しく書きますよね

解りやすくしたら 子供達ももっと興味もつのにね

| 2010/07/13 |  15:28 | えへへ #- |  URL | 編集 |

mikimiky さん

> 八岐大蛇・・・、小学校の時、学習発表会で劇をしたことを
> 思い出しました。
> 「やまたーのおろちー」と歌いながら舞台で踊った記憶だけあります。


あはは・・・mikimiky さん

確かに連れの学校では演劇をしてましたね

連れは「おろち」役で喜んでました 思い出しました

| 2010/07/13 |  15:33 | えへへ #- |  URL | 編集 |

美雨 さん

> スサノオは理屈ぬきにカッコイイですよね!
> やんちゃが過ぎて姉のアマテラスには嫌われてしまったけど、わたしたち人間にははかりしれない恩恵を与えてくれました。ムナカタの三女神伝説にも彼は登場し(ウケヒ)生みだしの神の一旦を担われています。6年ほど前だったか、TOKIOの松岡クンがスサノオを舞台で演じましたが、それはカッコよかったです!
>
> PS。えへへさんは既にじゅうぶん賢いですよー
> それ以上賢くなっちゃったら本当に宇宙人になってしまいますよ(爆)!

おぉぉぉぉ~!! さすが美雨 さん

良くご存知で・・・

私はカジル程度ですから 本格的に話すると すぐボロがでます(笑)

すきなんです こんな話が (*^_^*)

宇宙人目指しましょうか (^_^)v

| 2010/07/13 |  15:38 | えへへ #- |  URL | 編集 |

No title

ちゃんとリコメしてらっしゃる


きよっぺ
いやん

恥ずかしい


うちのダンナもマジメで優しく健康だったけど

今や
王様でメタボで妻ないがしろの

ブサメン


せめてイケメンなら
許せたのに


結婚したら変わるわよ
男なんて




ぽちん☆

| 2010/07/13 |  15:48 | きよっぺ #- |  URL | 編集 |

No title

すごくいい内容ですよ~~全然おふざけじゃないです
私も神話とか好きで本はよく読むのですが、
神様って結構残酷だったりわがままだったりしますよね~
ギリシャ神話とかもね。。なんでだろう??
そのあたりも教えていただければ。。。。

| 2010/07/13 |  16:21 | うずまきこ #- |  URL | 編集 |

きよっぺ さん

> ちゃんとリコメしてらっしゃる
>
>
> きよっぺ
> いやん
>
> 恥ずかしい
>
>
> うちのダンナもマジメで優しく健康だったけど
>
> 今や
> 王様でメタボで妻ないがしろの
>
> ブサメン
>
>
> せめてイケメンなら
> 許せたのに
>
>
> 結婚したら変わるわよ
> 男なんて
>
>
>
>
> ぽちん☆


あはは・・・きよっぺ さん

殿方だけではありませんよ (^_^)v

殿方に言わすと・・・奥方様も変貌が・・・

お互い 狐と狸の化かしあい(笑)

容姿は良いに越したことはありませんが・・・内面が一番大事と (^_^)v

| 2010/07/13 |  16:55 | えへへ #- |  URL | 編集 |

うずまきこさん

> すごくいい内容ですよ~~全然おふざけじゃないです
> 私も神話とか好きで本はよく読むのですが、
> 神様って結構残酷だったりわがままだったりしますよね~
> ギリシャ神話とかもね。。なんでだろう??
> そのあたりも教えていただければ。。。。

あはは・・・うずまきこさん

それが神話です(笑)

だって神の話ですもの・・・

って言うより 神がかり的って事でしょうか

| 2010/07/13 |  16:57 | えへへ #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。