FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「おばあちゃん」の存在が人類を繁栄させた!?

2010/09/20 14:50

こんにちは。

沢山のコメント・ランキングの「ポチ」を何時もありがとう御座います。

最近、リンク仲間さんのお友達さん・お初のご訪問の方々も増えて・・・

子犬の様に「尻尾」をフリフリして喜んでいます。


少しお願いが御座います。 コメントは何でも好きな様に書き込みして下さいませ。
お初の方々はブロガーさんならば URLをコメント欄に記載出来ますので記載をお願い致しますね。
ご返事をしたくて、どなたか良く解らなくて ウロウロ徘徊して居たのですが・・・
悪気が無かったとは言え 結果 多大なご迷惑を掛けて居た様子でした。


行いを謙虚に反省して改めたい所存ですので、ご協力をお願い致しますね。

リンク仲間以外でURLが不明な方々には申し訳有りませんが、コメントの返事は当コメント内でご了承の程宜しくお願い致します。
ご自分のブログを見て欲しい・ランキングの応援も欲しいと お考えの方はご連絡が取れます様に記載をお願い致しますね。


* この部分に付いてのコメントはしないで下さいませ。



さてさて 話題を変えて・・・

こんな記事が目に付きました。


「おばあちゃん」の存在が人類を繁栄させた!?

実は「おばあちゃん」のいる生物は希少?

この仮説を支持する人類学者の長谷川眞理子さんにお話です

子どものころ、おばあちゃんの背中に揺られて眠ったっけ…。なんてほのぼのした思い出はみんな持ってると思うけど、この「おばあちゃん」の存在、生物学的に見ればとても珍しいものなんだそう。人間の男性も含めて、ほとんどの動物が繁殖年齢=寿命になっているのに、人間の女性だけ生殖能力がなくなった後も長く生き続けるのだとか。その不思議を解くカギとして登場したのが、「おばあさんの知恵や経験を生かすことで人類は繁殖成功度を高められた」と仮定する「おばあさん仮説」。

「ヒトとサルが未分化だった600万年前には『おばあさん』はいませんでした。最近の調査で、ホモサピエンス(現在の人類)が登場したころに人類の寿命が飛躍的にのび、祖父母世代が増えたらしいことがわかりました。また、ある狩猟採集民族を調査したところ、祖母がいる家族といない家族では、いる方の家族に子どもが多く残ったという結果が出ました」
 

つまり、おばあちゃんの手助けがあることで子育てがうまくいき、人類は繁栄できたってことなんですね?

「人類の子育ては共同作業で成り立ってきたのだと思います。産むことだけでなく、手助けすることも“育てる”ことにつながっているんですよ」(同)

女性の長寿が人類の繁栄につながった…なんて、女性としてちょっと鼻が高いと思いません?


そういえば・・・本日は「敬老の日」ですね。

「敬老の日」とは

9月の第3月曜日。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日。1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、体育の日とともに追加制定された国民の祝日。

もとは聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん)を設立したと伝えられる日にちなんで、1951年からとしよりの日、64年から老人の日とよばれ、敬老行事が行われてきた。2001年(平成13)の改正により、9月15日であった敬老の日は2003年から9月の第3月曜日に変更された。また、老人福祉法の改正により、2002年から9月15日を老人の日、同日から21日までを老人週間と定められた。そうです。


悲田院(ひでんいん)

身寄りのない貧窮の病人や孤老を収容する救護施設。「悲田」とは慈悲の心で哀れむべき貧窮病者などに施せば福を生み出す田となるの意。聖徳太子が四天王寺に建てたと伝えるが、723年(養老7)興福寺に施薬院とともに建てたのが初見。光明(こうみょう)皇后もまた施薬・悲田の二院を設けている。平安京には左・右京に官営の悲田院が置かれ、京中の病者・孤児などを収容した。833年(天長10)武蔵(むさし)の国司が行旅の飢病者を救うために置いた「悲田処」は布施屋に近い。京の悲田院は、室町時代のころまで左京の一所(鴨(かも)川の西)が残った。民間の慈善事業として、鎌倉時代に忍性(にんしょう)が各地に悲田院などを設けたのが有名。


祖父母及びご両親が健在で該当されるならば、お孫さんなど居られればご一緒にお食事など如何ですか?

今、私達は居てるのも・・・ご両親・祖父母のお陰なんですから・・・

えへへには該当者が彼岸にしか居てませんので・・・出来ませんが・・・

「親孝行(祖父母)したい時には、親(祖父母)無し・・・」 なんてね。





ご新規の訪問者さまへ
コメント頂いた方々には必ず御返事を致しますのでブロガーさんならばURLの貼り付けをお願い致しますね。
携帯から御覧の方には申し訳ありません・・・動画が観れなく 御返事も出来なくて・・・


本日も最後まで「ありがとう御座いました」少しでも「ほぉ~」って思えばポチっと下さいね。

ランキングに参加中 毎日ポチっとしてね。 
  ↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  ↓↓↓↓↓


コメント・ブックマーク・お気に入りも宜しく。

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

地名  | コメント : 22  | トラックバック : 0 |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/09/20 |  17:11 |  # |   | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/09/20 |  17:45 |  # |   | 編集 |

No title

こんばんは 実は「おばあちゃん」のいる生物は希少?と言う言葉に興味もち、他にどのような生物がいるかちょっと調べてみたくなりました。 コメ有難うございます 応援ポチ

| 2010/09/20 |  18:12 | アジアパラダイス #- |  URL | 編集 |

No title

こんばんは。
最近は各家族化が進み、おじいさん、おばあさんと同居している人も
ほとんどいないと思います。
でも、実際彼らの助言は子どもたちが成熟した考えを持つ為に大切な
ことがたくさん詰まっていると思います。
確かに結婚して同居と言われると躊躇してしまいそうですが、人間
楽な方ばかりに流されてはいけないなと感じます。
敬老の日、感謝の気持ち伝えたいですね。

| 2010/09/20 |  18:14 | モフぞう #- |  URL | 編集 |

No title

そうですね。ふと、立ち止まって、生きたご先祖様に感謝を捧げなくてはなりませんね。昨日、今日と良いお話をありがとうございます。
「おきばりやす」って関西独自の言葉ですね。

| 2010/09/20 |  18:28 | かえるまま #- |  URL | 編集 |

No title

いつも有難うございます!

おばあちゃんですか~
私のおばあちゃんは生まれる前に亡くなったので
写真でしか知りません。

おばあちゃんと言えば
洋七の「がばいばあちゃん」を想像します。
子育てのプロフェッショナルですね!
老人ホームと保育園、幼稚園を一緒にしたら良いのにね!
老人は元気になるし、子供も学ぶ点が多いと思います。

ささいな事に目くじらを立てる大人には育たなくなるので
良いかもしれません(^_^)v

子供の頃の躾が大切ですね!

ポチです☆

| 2010/09/20 |  18:43 | inri1225 #yrDH66uE |  URL | 編集 |

こんにちはv

自分はおばあちゃん子だったので、おばあちゃん関連のものには涙腺が弱くなります;(すでに両親どちら側の祖父母も他界しているので)。

老人ホームの給食作りの仕事をしていたころは、いろんなじ様ば様を見ていましたが、優しい「じ様ば様」に接するとたまりません。

ゆえに高齢者に危害を加える若者、高齢者を狙った詐欺などを見ると、もはや怒りマックス。お前の血は何色だぁ! と(心の中で叫びます←まだ直接出くわしたことがないですが、ヘタレだから)。

拍手v

| 2010/09/20 |  21:16 | 猫目 #- |  URL | 編集 |

産婆ーちゃん

うちのおばあちゃんは産婆さんで、多くの生命を誕生させ、97歳の大往生でした。

数ヶ月間、寝たきりで目も開けず、喋ることもなく、お迎えが来るのを抵抗することなく待っていたように思います。

そして奇跡的な出来事が起きました…生き返ったのではありません(笑)…お迎えがやって来たと感じた瞬間、今の自分が在るための大切なメッセージを残してくれたんてす。

おまえは誰に何と言われようとも、おまえの信念を貫いて生きて行きなさい!!!と。。。

ばあちゃん!ありがとう。敬老の日の今日、天国にいる愛するおばあちゃんに、この場を借りて感謝の言葉を贈らせて頂きます。

えへへさん!ありがとうございます。

ポチです☆

| 2010/09/20 |  21:59 | art #- |  URL | 編集 |

No title

きよっぺにも

90歳のおばあちゃんがいるよ

ウフフ


コメ欄みるの
楽しみだよね


どんな人がブログ見てくれてるんだろうって
わかるし

いろいろ
情報交換したり

はげまされたり


えへへちゃんにも
感謝してるよ


ぽちん☆

| 2010/09/20 |  23:21 | きよっぺ #- |  URL | 編集 |

珍しい話ですね~

目からウロコの珍しい話だと思いました。

おばあちゃんの存在意義ってそういう
ことだったんですね…。

しっかり成長しながら年を取らねば…
と、思いました^^

| 2010/09/21 |  00:54 | あこ #- |  URL | 編集 |

No title

母方のおばあさんは
もう 亡くなってしまったのですが
そこではちょっとしたお嬢様だったけれど
一文無しのおじいさんと大恋愛して
結婚したそうです

昔では かなり珍しかったみたい

そういう所 似たかったです(^ム^)

     ポチ

| 2010/09/21 |  01:18 | ののさん #5AGSUf/Y |  URL | 編集 |

アジアパラダイス さん

> こんばんは 実は「おばあちゃん」のいる生物は希少?と言う言葉に興味もち、他にどのような生物がいるかちょっと調べてみたくなりました。 コメ有難うございます 応援ポチ


あはは・・・つかみ成功ですか?(笑)

人様の目に付くには・・・無い知恵絞った結果です。

ありがとう御座います。

| 2010/09/21 |  13:53 | えへへ #- |  URL | 編集 |

モフぞう さん

> こんばんは。
> 最近は各家族化が進み、おじいさん、おばあさんと同居している人も
> ほとんどいないと思います。
> でも、実際彼らの助言は子どもたちが成熟した考えを持つ為に大切な
> ことがたくさん詰まっていると思います。
> 確かに結婚して同居と言われると躊躇してしまいそうですが、人間
> 楽な方ばかりに流されてはいけないなと感じます。
> 敬老の日、感謝の気持ち伝えたいですね。


優しい モフぞう さんのコメント・・・ありがとう御座います。

お人柄が滲みでていますね。

モフぞう さんならば 改まって敬老の日なんて要らないのでしょうね。

そのお優しい心をお忘れにならない素敵な人で居て下さいませ。

| 2010/09/21 |  13:56 | えへへ #- |  URL | 編集 |

かえるまま さん

> そうですね。ふと、立ち止まって、生きたご先祖様に感謝を捧げなくてはなりませんね。昨日、今日と良いお話をありがとうございます。
> 「おきばりやす」って関西独自の言葉ですね。


あはは・・・ありがとう御座います。

産まれは九州 現在 関西は兵庫県 

たまに 京言葉でお話致します。 (笑)

| 2010/09/21 |  14:06 | えへへ #- |  URL | 編集 |

inri1225さん

> いつも有難うございます!
>
> おばあちゃんですか~
> 私のおばあちゃんは生まれる前に亡くなったので
> 写真でしか知りません。
>
> おばあちゃんと言えば
> 洋七の「がばいばあちゃん」を想像します。
> 子育てのプロフェッショナルですね!
> 老人ホームと保育園、幼稚園を一緒にしたら良いのにね!
> 老人は元気になるし、子供も学ぶ点が多いと思います。
>
> ささいな事に目くじらを立てる大人には育たなくなるので
> 良いかもしれません(^_^)v
>
> 子供の頃の躾が大切ですね!
>
> ポチです☆


あはは・・・inri1225さん

その意見 賛成です 実は市に提案した事がありますよ。

けど・・・市議・市長は聞く耳も持ちませんね。

さすればと 知人の県会議員にと・・・

必殺 建前の前向きに検討すると。(笑)

関西人の断る時に使う・・・「考えとくは」(拒否)と同じです。

そよか・・・私の関係 500票あたり・・・期待せんとおくれやす。と!!!

| 2010/09/21 |  14:11 | えへへ #- |  URL | 編集 |

猫目 さん

> 自分はおばあちゃん子だったので、おばあちゃん関連のものには涙腺が弱くなります;(すでに両親どちら側の祖父母も他界しているので)。
>
> 老人ホームの給食作りの仕事をしていたころは、いろんなじ様ば様を見ていましたが、優しい「じ様ば様」に接するとたまりません。
>
> ゆえに高齢者に危害を加える若者、高齢者を狙った詐欺などを見ると、もはや怒りマックス。お前の血は何色だぁ! と(心の中で叫びます←まだ直接出くわしたことがないですが、ヘタレだから)。
>
> 拍手v


あはは・・・猫目 さん

そうなんですか・・・猫目 さんがお優しいのは・・・納得致しました。

たまには偏屈なジジババいますが・・・

基本 人生の先輩ですからね 特に今の時代のお年寄りの方々は 戦争を体験されていますから・・・

地獄も修羅場も見ていますからね。

無くなった婆ちゃんが何時も・・・戦時中よりましじゃ!って口癖のと言うか・・・お経の様に唱えてましたよ。

食べる所無い・寝る所無い・休まる所無い・・・下手すりゃ~命無い

それに比べたら・・・知れてますもんね。

伊達に人生経験積んでませんね。

| 2010/09/21 |  14:18 | えへへ #- |  URL | 編集 |

art さん

> うちのおばあちゃんは産婆さんで、多くの生命を誕生させ、97歳の大往生でした。
>
> 数ヶ月間、寝たきりで目も開けず、喋ることもなく、お迎えが来るのを抵抗することなく待っていたように思います。
>
> そして奇跡的な出来事が起きました…生き返ったのではありません(笑)…お迎えがやって来たと感じた瞬間、今の自分が在るための大切なメッセージを残してくれたんてす。
>
> おまえは誰に何と言われようとも、おまえの信念を貫いて生きて行きなさい!!!と。。。
>
> ばあちゃん!ありがとう。敬老の日の今日、天国にいる愛するおばあちゃんに、この場を借りて感謝の言葉を贈らせて頂きます。
>
> えへへさん!ありがとうございます。
>
> ポチです☆


art さん

素敵なおばあ様ですね。

慌てず・騒がず・・・与えられた命を一杯に使い切り 天寿を真っ当ですか・・・

名言です!!! 

どんな著名人・歴史家・高僧な上人の方々より

art さん 貴方を案じた名言です。

あきません・・・えへへはこんな話・・・あかんのです。

| 2010/09/21 |  14:23 | えへへ #- |  URL | 編集 |

きよっぺ さん

> きよっぺにも
>
> 90歳のおばあちゃんがいるよ
>
> ウフフ
>
>
> コメ欄みるの
> 楽しみだよね
>
>
> どんな人がブログ見てくれてるんだろうって
> わかるし
>
> いろいろ
> 情報交換したり
>
> はげまされたり
>
>
> えへへちゃんにも
> 感謝してるよ
>
>
> ぽちん☆


そうですか・・・高齢のおばあちゃんが居てるんですね。

お子さんからしたら・・・曾おばあさんからぁ~!

ばあちゃんの知恵は千人力ですからね。

やっぱり・・・女性は偉大だぁ~!!

| 2010/09/21 |  14:29 | えへへ #- |  URL | 編集 |

あこ さん

> 目からウロコの珍しい話だと思いました。
>
> おばあちゃんの存在意義ってそういう
> ことだったんですね…。
>
> しっかり成長しながら年を取らねば…
> と、思いました^^


あはは・・・あこさん

おばあちゃんに限らず・・・ご両親・祖父母すべてが 必要なんですよ。

この世の中に不要な方々は居てませんから。

すべて何かしらの意味をお持ちですよ。

耳に痛い・うっとうしい・・・など これから有るでしょうが・・・

頭の隅っこに入れといて下さいね。

必ず・・・経験に役立ちますよ。 必ず!

| 2010/09/21 |  14:33 | えへへ #- |  URL | 編集 |

ののさん さん

> 母方のおばあさんは
> もう 亡くなってしまったのですが
> そこではちょっとしたお嬢様だったけれど
> 一文無しのおじいさんと大恋愛して
> 結婚したそうです
>
> 昔では かなり珍しかったみたい
>
> そういう所 似たかったです(^ム^)
>
>      ポチ



ののさん さん

素敵なおばあさまですね。 (^_^)v

現在の計算高い・・・方々とは違い 終生お幸せでした事と思います。

に しても お爺様・・・中々 やりますやん (^_^)v

ののさん さんも「血」を引いていますので・・・大丈夫ですよ

苦労を苦労と取るか・・・辛いが二人で乗り越えるから楽しいと取るかの違いですね。

おばあさまを目指して下さいませ。

| 2010/09/21 |  14:38 | えへへ #- |  URL | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/09/21 |  17:26 |  # |   | 編集 |

はじめまして

以前から時々覗いています、うさねこ369と申します。

えへへさん、本当に色々なことにお詳しいですね"^_^"
先だってはお萩の起源など、とても興味深く拝見しました。

自分が今あるのは、ご先祖さんのお蔭ですね。
「だから、ご先祖には感謝するものだ」…この言葉が、唯物論者で無神論者の友人から出た時はビックリしたことがあります。

おばあちゃんの存在の大きさ・・・

変化が激しい現代社会ですが、生活上の色々な事も含めて、まだまだお年寄りの知恵に負う部分は大きいと思います。

また、お子さんがいて社会的に活躍する女性の陰には、そのお母様(子供にとってはおばあちゃま)がいて、家事や子育てをサポートしている場合が多いようですね。

今は核家族がほとんどで、私もその中で育ちましたが、家の雰囲気がとがった時など、「こっちへおいで」と言ってあやしてくれるおばあちゃんがいたら子供は安心するだろうな、子供心に思っておりました。
そのせいか、おばあちゃん子は情緒が安定しているとも言うそうですね。

以前読んだSFに、年を取った住民はみなタウリヤという存在になって、鉱物化していく中でも知恵袋としてとして大事にされる(この場合は、知恵石?)星が描かれていました。
自分も年を取ったら、周りに迷惑をかけずにそんな存在になりたい、などと考えたものです。

安心して年を取れる、お年寄りを大事にする社会になってほしいですね。

長くなりましてすみません。
また伺います。これからもよろしくお願いいたします。

今日もぽち3連発です☆

| 2010/09/22 |  09:08 | うさねこ369 #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。