スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

『最後の忠臣蔵』

2010/12/21 16:52

こんにちは。ご無沙汰しています。

所要でバタバタしておりました・・・ブログ更新できていないのに訪問ありがとう御座います。

暫く、不在があると思いますが・・・末永く宜しくお願い致します。



昨日、『最後の忠臣蔵』の映画を観て参りました。

大の忠臣蔵フリークのえへへは観るも・・・涙。聴くも・・・涙。語るも・・・涙。(笑)

ハンカチがグジョグジョです。



急な所要にて今年は播州赤穂の「義士祭」には大石邸跡地の大石神社に参拝は出来ませんでしたので・・・

楽しみに・・・(笑) 興味の無い方々には・・・「時代劇」・・・って物でしょうか?


少し前に放送された『最後の忠臣蔵』(さいごのちゅうしんぐら)は、2004年11月5日から2004年12月10日までNHKの「金曜時代劇」で放送されたテレビドラマで、寺坂 信行 (てらさか のぶゆき (吉右衛門 きちえもん)がメインでしたが・・・今回は・・・討ち入り前日に突然・・・逐電(すばやく行方をくらます)して、使命を果たした「男・武士」の物語です。

辛口に言えば・・・年末恒例の忠臣蔵・・・史実が段々判明してドラマ化には・・・面白みが・・・そこで討ち入り前夜・後に消息不明になった人物を題材に・・・

でも・・・良いのです・・・フィクションでも そう信じたいですから・・・(笑)






もっと知らない方々に解る様に言えば・・・

元禄とは・・・あの悪法「生類憐みの令」で有名な五代将軍 徳川綱吉の時代です。この法令に嫌悪感を抱いた徳川御三家で水戸藩主の徳川光圀(月曜日放送の黄門様です)は、綱吉に上質な犬の皮を20枚(一説に50枚)送りつけるという皮肉を実行したという逸話が残っています。

綱吉の生母は「桂昌院(けいしょういん」3代将軍・徳川家光の側室で玉の輿の語源、八百屋の娘として産まれたお玉は、京都の今宮神社を毎日参拝し見初められ、三代将軍徳川家光の側室となり、五代将軍となる綱吉を産みました。



寺坂 吉右衛門 (てらさか きちえもん) 

寺坂は赤穂藩浅野家の小役人の子として赤穂若狭野に生まれた。寛文12年(1672年)、8歳の時に吉田兼亮の家で奉公のうえ世話になるようになった。元禄4年(1691年)、吉田兼亮が加東郡郡代となった際に赤穂藩の足軽(浅野長矩直臣)とされた。赤穂藩内では吉田兼亮の組下で3両2分2人扶持を支給された。またこの年に浅野家小役人下村長次郎の娘と結婚している。

元禄14年3月14日(1701年4月21日)、主君浅野長矩が江戸城松之大廊下で吉良義央に刃傷に及んで切腹し、赤穂藩は改易となったが、この際に寺坂は吉田兼亮とともに加東郡にいた。吉田とともに赤穂城へ駆け付けた。赤穂城明け渡しを前に家老大石良雄が同志と血判の義盟を交わしたが、この義盟に足軽の身分の寺坂は加わっていない。

その後、上司の吉田兼亮が播州三木へ退くとこれに従う。寺坂は同志に加えて貰えるよう強く願い、大石良雄は最初は寺坂の身分を考えて躊躇したが、その熱意にほだされて義盟に加えた。寺坂は吉田兼亮に付き従い、足軽の身分ながら同志との会合にも出席している。

元禄15年12月14日(1703年1月30日)の吉良邸討ち入りでは裏門隊(伝令役)に属していた。しかし、討ち入り後に赤穂浪士一行が泉岳寺へ引き上げたときには寺坂の姿はなかった。討ち入り直前に逃亡したという説、討ち入り後に大石良雄から密命を受けて一行から離れたという説、足軽の身分の者が討ち入りに加わっていることを大石が公儀に憚りがあるとして逃したという説があるが、真相は不明である。『忠臣蔵』の物語では討ち入りの様子について、浅野家のゆかりの者へ伝えるよう大石から命を受けて瑤泉院や広島に蟄居していた浅野長広の元へ行ったように描かれ、吉田兼亮が寺坂を「不届き者」呼ばわりしたのは、公儀に追手を出されない為の配慮であったなどという描写も見られる。

討ち入り後の寺坂には、大目付仙石久尚の決定により一切の追手はかからなかった。そのまま吉田兼亮の娘婿の伊藤治興に奉公している。伊豆大島に遠島に処された兼亮の遺児吉田兼直にも忠義を尽くしている。遠島の際の見送り、赦免後の出迎え、伊藤家までの護送、すべて寺坂が行っている。その後、仙石久尚の元に出頭したと言われるが、久尚は一切罪を問わず、逆に金子を与えて送り出した。

しかしその後伊藤家を離れたようで享保8年(1723年)3月頃には江戸麻布の曹渓寺で寺男をつとめている。さらに同年6月頃には曹渓寺の口利きで山内主膳家に仕えた。このときに今日にまで残る寺坂の「親類書」が提出されたという。延享4年(1747年)に病没して曹渓寺に葬られる。戒名は節岩了貞信士。享年83。

後年、慶応年間に入ってから泉岳寺の義士墓所に供養墓が建てられており、ここでの戒名は、遂道退身信士となっている。



瀬尾 孫左衛門(せお まござえもん、生没年不詳)

江戸時代前期の武士。『忠臣蔵』で有名な大石良雄の家臣。脱盟者の一人である。

大石良雄は赤穂藩主浅野長矩の家臣だが、1500石という高禄を賜っているので、大石家に仕える武士というのも存在した。そのうちの1人がこの瀬尾孫左衛門である。したがって浅野長矩から見れば瀬尾は又家臣(家臣の家臣。陪臣)である。本来、瀬尾に浅野家家臣の盟約に加わる資格はないのだが、大石良雄に懇願して特別に入れてもらったらしい。

瀬尾も士分であるので寺坂信行などの足軽層よりは上格であったが、又家臣である以上、士分の同志達の中での序列は、もっとも低かったと思われる。しかし大石の瀬尾への信任は厚かったようで、元禄15年(1702年)10月、大石が江戸下向の途中に川崎平間の百姓軽部五兵衛の家の離れに滞在した際には瀬尾孫左衛門の名義で借りている。大石が江戸へ入った後も足軽矢野伊助とともに川崎平間村を留守していたが、吉良邸討ち入り直前の12月12日になって矢野とともに逃亡した。

その後の消息は不明であるが、一説には赤穂に戻り、剃髪して休真と号したという。討ち入りから間もない元禄16年(1703年、ただし年号は推定)2月26日に大石の妻理玖が「休真」に送った手紙の写しとされるものが『赤穂義人纂書』に収められていることからすると、寺坂と同様、瀬尾の逐電も単純な「逃亡」ではない可能性がある。



映画の感想は・・・・・

資産・地位・名声が無くとも・・・良い男はんには素敵な女子はんが影から支えるもんどす。



25日 ABC放送で「ドラマスペシャル 忠臣蔵~その男、大石内蔵助」も御座います。(笑)

昼行灯と言われ、この刃傷事件が無ければ世に名声は残さなかったと言われています。大石様の苦悩・手法・英知を御覧下さいませ。上杉家の筆頭家老と・・・人の上に立つ方々には素晴らしい側近が付いていますね。


見習って下さいませ・・・民主党さん!!!!



ご新規の訪問者さまへ
コメント頂いた方々には必ず御返事を致しますのでブロガーさんならばURLの貼り付けをお願い致しますね。
携帯から御覧の方には申し訳ありません・・・動画が観れなく 御返事も出来なくて・・・


本日も最後まで「ありがとう御座いました」少しでも「ほぉ~」って思えばポチっと下さいね。

ランキングに参加中 毎日ポチっとしてね。 
  ↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  ↓↓↓↓↓


コメント・ブックマーク・お気に入りも宜しく。


スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

話題  | コメント : 16  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

こんばんは。
黄門様・・・何という事を。
もう私が水戸黄門を見る事は二度とないでしょう。
(元から見た事ないですけど^^)
もう忠臣蔵の季節なんですね。
一年は早いです。

| 2010/12/21 |  19:40 | モフぞう #- |  URL | 編集 |

No title

忠臣蔵=年末ですね。
これを見るた、こんな男に生まれたかった!と思います。
かっけー...

こちらこそ、いつもありがとうございます。

| 2010/12/21 |  20:17 | かえるまま21 #- |  URL | 編集 |

こんばんは、えへへさん

忠臣蔵・・・、日本の誇れる物語ですね。

でも社会に表もあり、裏もあるように、その時その時に

語れない外伝(サイドストーリー)があるように思います。

世は無常ですが、会社に尽くしてきたのに、会社からリストラされたしまった人が切腹(自殺)するのも時代なのかもしれませんね~

忠臣蔵や新撰組、白虎隊、ラストエンペラー、戦艦大和、特攻隊など散り逝く物語を見聞きするたびに、考えさせられるものがあります。

小生も観たい映画です~~~

nice記事!!ポチ!!!

| 2010/12/21 |  20:33 | ガッツ #- |  URL | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2010/12/21 |  23:54 |  # |   | 編集 |

No title

こんばんは

吉良上野介 みたいな嫌味な人っていますよね

私も時々 斬りつけてやりたいときあります

いけませんね 

ごめんなさいm(_ _)m


| 2010/12/21 |  23:58 | ののさん #5AGSUf/Y |  URL | 編集 |

No title

こんにちは~

忠臣蔵フリークなんですか・・・
日本人うけする 物語ですよね

因みに 吉良上野介は三河の出で その末裔が
高校の後輩にいたらしいです
(面識はないけど 先生が言ってた)

徳川綱吉は 歴史好きのあいだでは
ひょっとして 名君なのでは?・・・
なんて説も 出ていますよ

| 2010/12/22 |  07:25 | おがのぶ #GNxuwZ0M |  URL | 編集 |

No title

ふむふむ 勉強になりました 
面白かったです!!
又来ますね。

| 2010/12/22 |  08:34 | うずまきこ #- |  URL | 編集 |

モフぞう さん

> こんばんは。
> 黄門様・・・何という事を。
> もう私が水戸黄門を見る事は二度とないでしょう。
> (元から見た事ないですけど^^)
> もう忠臣蔵の季節なんですね。
> 一年は早いです。


あはは・・・モフぞうさん

やりましたね 黄門様(笑)

一度機会があれば見て下さいませ。HV放送で綺麗ですよ

| 2010/12/22 |  16:34 | えへへ #- |  URL | 編集 |

かえるまま21 さん

> 忠臣蔵=年末ですね。
> これを見るた、こんな男に生まれたかった!と思います。
> かっけー...
>
> こちらこそ、いつもありがとうございます。


あはは・・・確かに かえるまま21さん

でも 家老 大石さんの策略が凄かったのと家臣が皆さん素直だったのだと・・・

こんな上司ならば・・・部下も付いていきますよ。

保安官さん・・・なんとかカバーしてよ上官!!!

| 2010/12/22 |  16:37 | えへへ #- |  URL | 編集 |

ガッツ さん

> 忠臣蔵・・・、日本の誇れる物語ですね。
>
> でも社会に表もあり、裏もあるように、その時その時に
>
> 語れない外伝(サイドストーリー)があるように思います。
>
> 世は無常ですが、会社に尽くしてきたのに、会社からリストラされたしまった人が切腹(自殺)するのも時代なのかもしれませんね~
>
> 忠臣蔵や新撰組、白虎隊、ラストエンペラー、戦艦大和、特攻隊など散り逝く物語を見聞きするたびに、考えさせられるものがあります。
>
> 小生も観たい映画です~~~
>
> nice記事!!ポチ!!!


あはは・・・ガッツ さん

食いつきましたね(笑)

なんか好きそうな話題かと・・・

本日の検定も試して下さいませ。

| 2010/12/22 |  16:40 | えへへ #- |  URL | 編集 |

ののさん さん

> こんばんは
>
> 吉良上野介 みたいな嫌味な人っていますよね
>
> 私も時々 斬りつけてやりたいときあります
>
> いけませんね 
>
> ごめんなさいm(_ _)m


あはは・・・ののさん さん

「成敗」ですか・・・(笑)

吉良さんも地元では人気の良いお殿様だったそうですよ。

にしても・・・三河から著名・有名人沢山でますね

| 2010/12/22 |  16:42 | えへへ #- |  URL | 編集 |

おがのぶ さん

> こんにちは~
>
> 忠臣蔵フリークなんですか・・・
> 日本人うけする 物語ですよね
>
> 因みに 吉良上野介は三河の出で その末裔が
> 高校の後輩にいたらしいです
> (面識はないけど 先生が言ってた)
>
> 徳川綱吉は 歴史好きのあいだでは
> ひょっとして 名君なのでは?・・・
> なんて説も 出ていますよ


あはは・・・おがのぶ さん

吉良さんはそうですね 三河の出

綱吉はある意味名君ですよ。 

華やかな文学・文化・芸能が今あるのは元禄の時代があったからですし・・・

あの悪法「生類憐みの令」と柳沢吉保とマザコンが無ければ・・・最高でしたね。

おかげで「吉宗」が人気に成りましたけど・・・

| 2010/12/22 |  16:46 | えへへ #- |  URL | 編集 |

うずまきこ さん

> ふむふむ 勉強になりました 
> 面白かったです!!
> 又来ますね。


あはは・・・うずまきこ さん

お父上に説明するとご機嫌が良くなるかと・・・(笑)

確か時代劇好きとの記憶が・・・

| 2010/12/22 |  16:48 | えへへ #- |  URL | 編集 |

No title

急がしそうだね

今日は応援だけして帰るね

ぽちん☆

| 2010/12/23 |  15:31 | きよっぺ #- |  URL | 編集 |

門松に申し訳ないのでひとつ前の日記でメリークリスマスです(^_-)-☆

えへへさま、メリークリスマス!
どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください。(^_-)-☆

Wish you have a Merry Christmas!!

o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ        o
    o         ( ´∀`)___)  
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .|/     |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o  ∧ ∧___ノ)∧ ∧___ノ)    。   o      ○
   o   (*゜ー゜)   (゜Д゜*)  つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \

えへへさんが一番欲しいものがサンタさんから届きますように❤
美雨サンタより withぽち♪

| 2010/12/24 |  14:16 | 美雨 #- |  URL | 編集 |

人として 人と生まれて

昔は 狂犬も 野良犬 多かったかなぁ。侍の試し切り。
犬の死体が 道にころがっているのも嫌ですね。
ヤガモ・ナミ(名古屋水族館のシャチ) を 思い出します。
先日 大徳寺と今宮神社へ 観光で行きました。
八百屋の娘と将軍の 恋愛と結婚 興味あります。
忠臣蔵~ 明智光秀~


| 2011/01/28 |  10:57 | キムタク仮面&村石太マン #AexCtlRE |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。